雑記の更新は不定期です。
2020年6月の雑記

6月21日(日) | ファイプロ大逆転


 今日はトイレタンク内の掃除をして気持ちの良い週末を迎えました。汚れが目に見えて落ちる掃除好きなんですよねー。
 さて先日、PS4およびSteamで発売されている2Dプロレスゲームの老舗『ファイヤープロレスリングワールド』にて、アップデートが行われました。どうやらこれが本作の最終更新になるようですが、最後に大きなプレゼントを残してくれました。それは、「技クラフト」機能!
 技クラフトとはその名の通りプロレス技を自ら作る機能で、今まで有り物だけでやりくりしていたファイプラーにとってはそれこそ30年前から夢見ていたと言っても過言ではありません。その前にリリースされていたグラフィックを取り込める「パーツクラフト」機能と併せれば、ソフトに収録されていない自分の好きなレスラーに好きな技を装備させることができるのです!すげえや一生遊べるぜ!しかもパーツクラフトは3,300円もの有料DLCだったのに対しこれはなんと無料DLCなんですよ!
 もちろんそれだけ自由度の高い機能ですからいざ作るにはあまり初心者向けとは言い難いのですが、それでもパーツクラフトほどではないので自分も挑戦してみました。とりあえず一つ作ってみて勝手がわかったので次は本格的に頑張ってみますかね。いざ作るとなるとあまりネタが思い浮かばないのではあるのですが。



6月16日(火) | 夏だね

 新日本プロレスも無観客でいよいよ大会が再開されました。配信サービスの「新日本プロレスワールド」で試合を観るのが一番の楽しみなので、このニュースはひときわ嬉しいものがあります。まだ新型コロナウイルスが収束した訳では決してないですが、この調子で娯楽が増えてくるとありがたいですね。プロ野球も今週開幕ですし。
 さて先日、夕食に弁当を買ったのですが、その中の卵焼きが悪くなっていたようで、「あんまりおいしくないなあ」と思いながら食べたところ、その後嘔吐。家族は「変な匂いがする」と言って食べなかったので無事だったのですが、いやあひどい目に遭いました。一応お店に電話したのですが、自分の他に健康被害は報告されてないということで当事者としては何ともモヤモヤした気持ちに。これじゃまるで言いがかりみたいじゃないか。そんな形で夏の訪れを感じたのでした。皆様も食中毒にはお気を付けください…。



6月9日(火) | ロックの日

 6月9日は13年前に自分が東京にいた頃にバンドマンとしてステージデビューをした日です。もっともロックの日とは言ってもアコースティックな編成でおよそロックではなかったのですが。場所は高円寺の飲み屋さんで、畳敷きの狭い店内に30cmの距離でお客さんが座っているような場所。その日の自分のあとの出演者が音楽をやってる漫画編集者の方で、その方を観にあのちばてつや先生が自分の目の前に座るという事態に。漫画好きとしては音楽の専門家に見られるよりもよっぽど緊張する中での演奏になったのでした。ちなみに我々のあとの編集者の方に促されて、楽器をたしなむちば先生もウクレレ演奏を披露。大御所ちば先生もミュージシャンとしてステージに上がるのは初めてとのことで、なので自分はちば先生と同日デビューだと喧伝しています(笑)。
 それからエレキギターやベースのいるバンドを組んだりして、6~7年はバンド活動をしていたのですが、今ではすっかり隠居の身。だいぶ楽器の腕も落ちてしまいましたが、あの頃は我ながら頑張ってたなあ。デジカムで動画を残していてよかった。思い出話でした。



6月7日(日) | 安田記念

 今週の競馬はは安田記念。単勝1.3倍の圧倒的1番人気アーモンドアイが2着に敗れるという波乱も、勝った3番人気グランアレグリアとの馬連を的中させました。今回は儲けは少額でしたけど、連続的中という響きが素晴らしいですね。またしても事前に予想を公表しておらず「すごい」と褒められるタイミングを逸してしまったので、次の宝塚記念ではここで買い目を発表したいと思います。まあ外したら赤っ恥なんですけどね!今年の参加予定レースはあと7回。果たしてプラス収支で終われるのでしょうか?