20周年ありがとうございます。
開設20周年によせて


 本日2020年3月14日をもちまして、当サイト『森ちゃん堂』は開設してちょうど20年を迎えました。 いやあ、20年ですよ。特に辞めようと思ったことはなかったとは言え、本当にこんなに続くとは自分でも思いませんでした。 「○周年はほっといても達成できる記録」なんてジョークもありますが、実際にはインターネットを取り巻く環境は絶えず変化し、 インフォシークやジオシティーズなど多くの放置サイトが消滅した今日においては 現存してるというだけでもそれなりに価値があるんじゃないでしょうか。

 さて、これまでの歩みを振り返りますと、2000年当時は個人ホームページ文化の真っ只中。 素人クオリティながらも活気のあるサイトがたくさん存在していた時代で、当サイトも特に内容も考えていないまま 「友人が作ってるから自分も作ってみたい」という 軽い気持ちからスタートしました(ネーミングからして八ちゃん堂のパロディですし)。
 最初は好きな漫画を紹介する文章からスタートしたコンテンツは、 その後も方向性を決めることなく、自分の好きなものを好きなままに載せる「よろずサイト」のスタイルへ。 リンク先からも「何なのだろう」と紹介されちゃうくらいの雑居状態で、我ながら色んなことをやりました。 メインのイラストだけでなく、文章でも真面目な話から二次創作まで載せていましたし、 ある作品の聖地巡礼的な写真をアップして、今で言うところのバズったこともありましたし、YouTubeなどもなかった時代に 技術協力を得てラジオ配信をしてみたこともありましたね。 一つ一つのクオリティは置いときまして、とにかく森嶋という人間の中から出てくるものを表現する場所が森ちゃん堂でした。

 そんなコンテンツたちを通じて、様々な方との交流があった訳ですが、それがサイトをやっていく上で 一番の喜びだったのは言うまでもありません。 オフラインでも面識のある方、今でも付き合いのある方もたくさんいますし、そうでない方も ほとんどの方の名前を憶えていたりしますからね。
 中でも、ごくまれに「かつて来訪してた者です。不意に思い出して検索してみたら、まだあることに感動しました」という 連絡が来ることがありまして、それがとにかく嬉しいんですよ。こればかりは長くやってないと味わえない醍醐味ですね。 今日もモチベーションを切らさず運営できているのはこうした出来事に支えられています。 インターネットの広大な海でポツンと釣り糸を垂らしてるような当サイトではありますが、 やはり反応がありますと死ぬほどに喜びますので、たまには掲示板かメールフォームをどうぞご利用くださいませ。

 最後に、これは野望なのですが、このホームページをあと30年、すなわち開設50年まで続けてやろうと思っています。 今はまだただの時代遅れでも、どうせなら一目置かれるレベルの時代遅れを目指します。 その日が来るまで変わらずこんな調子でやっていきますので、 数年おきにフラッと訪れた時にでも「まだやってたんだ!」と驚いてください。

『森ちゃん堂』管理人・森嶋