ひら子研究

 栗田ゆう子、二木まり子、大石みさ子…。
「美味しんぼ」に出てくる女性キャラは、何かと「ひらがな+子」という名前が目につきます。
ここでは、そんな名前のキャラを「ひら子」と呼ぶ事にしました(命名者・すぎおさん)。

では、この「ひら子」たちは、実際のところどれくらい登場しているでしょうか。
そんな訳で数えてみました。名前、肩書き等は基本的に初登場時のものです。



<1巻>
栗田ゆう子…言わずと知れた本作ヒロイン。究極のメニューを担当する事になった22歳の新入社員。

<5巻>
君島さわ子…栗田祖母の教え子の娘。山岡に好意を持っていたが2話でフェードアウト。職業はデザイナー。

<6巻>
花森みな子…オムレツ専門店「塀の上のハンプティ」のオーナー兼シェフ。

<8巻>
星村るみ子…東西新聞家庭部記者。雄山に冷やし中華の事を聞こうとして怒鳴られた。密かに9巻にも登場。

<9巻>
笠田みよ子…栗田さんの大学時代の同級生。夫の帰りが遅いのを悩んでいる。

<10巻>
すみ子…島高部屋の呼び出し(故人)の娘。後の若吉葉夫人。

<11巻>
友野みさ子…「週刊新時代」編集。香港取材の際、栗田さんと同室になる。
さち子…保育園児。洋菓子職人・阪村俊夫の姪。

<14巻>
みな子…栗田さんの大学時代の同級生。青沢悟の恋人。
関根よう子…アイドル歌手。東都大学の文化祭に呼ばれていた。

<15巻>
西野よう子…16歳。父は建築家、母は料理学園園長。

<17巻>
森沢よし子…東西新聞社社員。餃子「お春」社長、森脇に好意を寄せている。

<18巻>
くに子…料亭「前田屋」従業員(?)。

<21巻>
二木まり子…「東西グラフ」編集者。二木財閥令嬢。恋敵はまたしてもひら子。

<22巻>
加野みさ子…恋人の消息を知りたくて東西新聞に来た。後の大石夫人。

<25巻>
小野さわ子…売り出し中の女優。二都ツインタワービル前で近城さんが撮影をしていた。

<27巻>
飯村とし子…ピザレストランオーナーの妹。島高部屋・鏡洋とつき合っている。

<32巻>
水村さき子…東西新聞社社員、栗田さんと同期。関西出身で、関東の食べ物に馴染めずにいる。
水川より子…環境保護運動家。作家の宇田吉夫と対談した。
島野たか子…豆腐店の娘。兄は美食倶楽部で働いている。

<33巻>
生田しょう子…料理研究家。陶芸家・吉野耕一と以前に暮らしていた。

<34巻>
団ゆう子…団社長の妹。子どもの頃に兄と生き別れてからは色々あったらしい。
里井ふみ子…二木さんの大学の同級生。マヨネーズが原因で恋人との結婚を反対される。

<35巻>
宇田たか子…夫とアデレードで日本料理店を経営。天ぷらの技術を山岡に訊きに来た。
清田みな子…歌子さんの友人。夫と料理屋「辰正」を経営。

<36巻>
町村みほ子…東西新聞社員・中本一夫の恋人。

<41巻>
里内けい子…二木さんの大学の同級生。転勤先のニューヨークに日本のような野菜がなくて困っている。
とき子…「田舎研究会」会員。哲学専攻。しゃべり方に特徴あり。
さき子…「田舎研究会」会員。児童心理学専攻。

<42巻>
橋田つた子…「女性時代」記者。徹底した女権論者。
鳥辺みな子…栗田さんの高校の同級生。東西生命勤務。恋人は作家志望・多里たもつ。

<43巻>
杉川いと子…タレント・杉川(名前不明)の妻。離婚の危機にある。

<44巻>
広野たか子…栗田さんの高校の同級生。彼女が話題にした「初恋の人の高宮君」はもはや伝説的存在。

<55巻>
三沢るり子…「東西グラフ」編集部員、「世界味めぐり」担当。この人もまたレギュラーになりそこねた不幸な人。

<56巻>
むつ子…京極さんの長女。
ひな子…京極さんの次女。おさない顔立ちだが既婚らしい。…何歳?
滝本たか子…ダンプ運転手。旦那と死に別れ、娘と二人暮し。のちの栗田兄夫人。

<57巻>
矢川たき子…奇術師見習い。母親は女性奇術師の与那国みやこ。
さち子…東西新聞社員・木沢の恋人。アメリカ在住。

<61巻>
れい子…東西新聞政治部社員・竹間の恋人(名前のみの登場)。竹間とはこの後すぐ別れたらしい。

<62巻>
松谷たか子…小学4年生。母親を探して歩き回っていた。家は老舗の呉服屋。
松谷ふじ子…たか子の母。義母にいびられて家を出た。

<63巻>
江森さと子…女子高生。アフリカ難民救助運動をしている。
月村みよ子…スーパー「ダイロク」会長の長女。駆け落ちして山岡家に居候する。

<64巻>
向井くに子…はるさんの友人の親戚。演歌歌手志望だが、歌唱力は…。
かつ子…小学3年生。両親が蒸発し、小学6年生の兄と二人で暮らしていた。
きま子…大柱さんの従妹。金花女子大教授で、家政学と薙刀を教えている。

<66巻>
深川かや子…骨董屋店主。板山社長に紅茶セットを売ってくれと頼まれている。
大川けい子…栗田さんの高校の後輩。驚異的なまでの競馬の予想的中率を持つ。モデルは大川慶次郎。

<67巻>
西川すわ子…南村夫妻の後に入った山岡家の隣人。カカア天下。

<70巻>
木沢よう子…東西新聞社社会部社員・浜岡の恋人。
佐村すわ子…栗田さんの同級生。なかなか結婚できずにいる。

<72巻>
永井つや子…妊婦。地下鉄の中で産気づく。夫は賭事好きの調理師。

<75巻>
蒲田さわ子…尾沢さんの友人の妻。

<79巻>
吉野さき子…野前さんの友人の娘。農園を経営。
月野しょう子…料理写真家の卵。

<81巻>
中木きょう子…双子の息子を持つ主婦。自分の両親と夫の両親との仲が悪い事に悩んでいる。
富井かな子…富井副部長の弟・修の妻。

<83巻>
花野より子…栗田さんの高校の後輩。実家はタマネギ農家。



以上、全体の4~5人に一人ほどの割合でひら子が確認され、特に巻が進んでからは
実在と思しき人以外はほとんどではないかというレベルでの多用が目立ちます。
おそらくは人名を考えるのがよほど面倒臭くなったんでしょうね。



保管庫トップへ戻る