カルミー&ヤーム(ブルーブレイカー)
 自分が最も思い入れのある作品である『ブルーブレイカー』が発売15周年を迎えるという事で、ネットで呼び掛けてささやかながらもイラスト祭りの音頭を取りました。その結果、初めましての方やすっかりご無沙汰してた方も応じて下さって記念日に花を添える事ができました。それらの作品は「いただきもの」のところに展示してあります。

【以下、イラストに添えたコメント】

 ブルーブレイカー15周年おめでとうございます。今だから言えますが、ハッキリ言ってかなり難しいゲームでした。しかしまだ攻略サイトなどというものもなかった時代、何十時間とプレイしてひたすらにバッドエンドを迎えながらもついにクリアした時の達成感こそがこれほどの思い入れを生んだのだとも言えます。あの時すぐクリアできていたらまた僕の人生は違ったものになっていたのでしょう。

 他のいわゆるギャルゲーが大体付き合い始めるまでをゴールとしているのに対し、ブルブレは結婚というものをゴールにしている為、恋愛において他のゲームよりちょっと踏み込んだ描写があったのが当時としては斬新でしたね。ただその割にお色気シーンみたいなものももっとあっても良かった気もしますが…。

 アーカイブスでいまだ新規のファンが付いているという話を聞きましたし、おかげさまで今回色んな方に集まっていただきました。これからもブルーブレイカーを愛する者同士、いつまでもその灯を消さぬようにありたいですね。



 実は他人に絵を要請しておきながら、自分の取り掛かりが一番遅くて、届いた他の方の作品を見たところ、いい具合にキャラがバラけていたので、まだ描かれていないカルミーとヤームを描かせていただきました。この二人はゲーム内でもパーティの相性が良いですしね。

 カルミーに対しては人一倍愛着がありまして、僕はキャラで言えば本来はマヤさんが好きだったんですが、美人であるがゆえに自分の絵ではどうしても上手く雰囲気を出す事ができずキャラクター的に多少崩しても大丈夫そうなカルミーをよく描いてました。元々僕は男性の似顔絵をメインに描いていたので、女性を描く練習としてブルブレキャラには本当に鍛えられました。本当に何枚描いたかわからないくらいです。

 カルミーは実はあまり人気のあるキャラではないらしいという話を聞きましたが、男っぽい性格の中にもあくまで女らしさが垣間見える感じのキャラは大好きです。あと正面から見える襟足の絶妙な長さ。個人的にここが一番のツボでした。

 一番ブルブレ絵を描いていた10年前とは絵の描き方が変わってるんで改めて今の描き方で挑んでみましたが、何だか思ったほど大した変化はありませんでした。それだけ腕が当時の描き方を覚えてるって事なんでしょうかねえ。ともあれ自分の原点とも言える作品、今後も描き続けて行こうと思います。
('11.09.27)



メニュー(年度別)に戻る  /  メニュー(作品別)に戻る

トップに戻る